スポンサーリンク

加計呂麻島・サトウキビ工場

高低差の多い加計呂麻島では、
サトウキビ工場から上る黒煙が目立ちます。
冬の間にとれるキビが一番糖度が高く香りもいいですよ。

キビの搾りたての汁を飲ませて頂いたのですが、
青臭さのある甘さ…という感じでしょうか。
私が見学した工場では、
「登り窯」を用いた伝統的な製法で、作っておられました。
この方法で作る工場も、奄美や沖縄でも、そう多くはありません。
(シャコ貝)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事