toggle
離島に住むママのための情報コミュニティサイト
2016-08-01

りとママを作ろうと思った最初のきっかけ

こんばんは^^
FacebookやTwitterなどでリアクションいただけて、とても嬉しいです!
ありがとうございます。

ひと通り思いを書いたので、りとママができていくまでのこともどんどん書いていこうと思います。

1番最初のきっかけは

私は今働いていますが、引っ越してきて3ヶ月ほどは専業主婦でした。
そんな頃、子育て支援センターで出会った転勤族のママたちとの会話が、1番はじめのきっかけになりました。
離島もある鹿児島県内で転勤・・・
離島勤務は必ず2回あるとか・・・
その大変さを聞きました。

 

ある日曜日、公園に遊びに行きました。

遊具もある広い公園はここだけ。
その頃公園に行くと、転勤族ファミリーによく会いました。
季節は冬。
島の人は少なめ。
「島の子はどこで遊んでいるんでしょうねぇ・・・」なんて話したほどでした。

 

同じ島内でも、情報が得られにくいなと感じた瞬間。
小さい島ゆえに「もう当然知っていること」として、片付けられてること多そうだなと思いました。
子育てだけでなく、日常の色々。

 

行政サイトですら、情報が古かったりするから困る。
事前にあれこれ調べるなら、やっぱりネットだし、そんな島の情報サイトあったらいいのに。

それ、私作れないかな・・・?
ふとそんな思いが頭をよぎりました。

 

そんな思いが、我が家が共働き生活をスタートさせて、少し慣れた頃。
とあることがきっかけで再燃することになります。

夏の病気祭り~締めは息子の入院で

去年のちょうど今頃。
息子が1週間もあけず、立て続けに病気になりました。
秋口には入院。
仕事も半日勤務にしてもらったり、休んだり。

 

家にいながら、何かできたらいいのに・・・
それで収入を得ることができたら・・・

 

おそらくそう考えているママは多いはず。

私に何ができるかな?と考えました。
ちょっとやってみた在宅ワークは単価が低すぎてびっくり。
ものづくりは私できない。

・・・でも、ものづくりしてる人を応援することはできるかも。
島では何でも手に入りにくい環境がゆえに、ないなら自分で作る!な人が多い気がします。

 

自分の移住経験を元に、島の子育て情報を集めて発信することもできるかも。
転勤族のママ向けなら、島情報を集めたら便利そう。

 

なんだかわくわくしてきました。

けれども、ひとつ目の壁がやってきます。

~続く!

 




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です