toggle
離島に住むママのための情報コミュニティサイト
2018-02-21

宝島を調べてみた

調べてみたシリーズ、今回はトカラ列島南端の宝島です。

宝島イラスト

宝島というと・・・今は漂着油の問題が深刻です。

新聞などの報道や、SNSで事のなりゆきを見守っていますが・・・

継続した調査をしてもらわないと、仕事を失う可能性がある人たちもいるようで心配です。

応援するために「宝島で作られたものを買おう!」という動きもあります。

(漂着油の問題が発生する前のものとのことです)

私もできること、していきたいです。

 

さて宝島は、十島村になります。

十島村は「十の島」と書きますが、有人島7つと無人島5つの計12の島からなります。

以前は現在の三島村と一緒だったので、有人島が10あったんですよね。

その名残りだそうです。

 

フェリーとしまが週2回。

鹿児島からだと約12時間。

奄美大島からだと約3時間。

空路はありません。

緊急時のドクターヘリは、鹿児島か奄美大島に搬送されるとのこと。

奄美大島の方が近いわけですが、宝島の人は奄美大島に行くことが、どのくらいあるのでしょうか?

ちなみに町役場は、鹿児島市にあります。

三島村も同様です。

 

宝島の情報を調べようと、まず十島村役場のサイトを見てみました。

そしたらとてもわかりやすく、情報が充実していて、感動・・・!

不妊治療や妊婦健診などの時の交通費や宿泊費の助成。

そして島内で出産できないので、出産時は島を出て待機しなくてはいけないのですが、

その宿泊費助成の条件に「村が指定する助産院等の施設を利用」とあります。

ということは、鹿児島に離島の妊婦さんが出産待機できる施設があるんですね・・・?

気になるところです。情報求む!

 

さらには、産後ケア事業やミルク紙おむつ支給事業まで・・・!

保育所や幼稚園はありませんが、子育て広場はあり、行事なども充実しているようです。

預かりはやっていないのかな・・・?

未就学児はどんな生活を送っているんでしょうか・・・?

 

宝島の情報、お寄せください!

りとママのお問い合わせページか、

ritomama.yasuko@gmail.com まで。

お待ちしています☆

 




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です