toggle
離島に住むママのための情報コミュニティサイト
2017-10-05

【与論島】年に1度のお楽しみ!とぅんがーもーきゃー

昨日は十五夜。子供たちにとって年に1度のお楽しみがある日です。

とぅんがつむぎ写真

「とぅんがーもーきゃー」「とぅんがとぅんが」

とぅんがはお餅・もーきゃーは泥棒のことで、十五夜でお供えしたお餅をこっそり盗んでいくというところから始まっています。

今は子供たちが、各家やお店を回って、軒先などに置かれたお菓子をもらっていきます。

『とぅんがとぅんがー!』と言ってからもらうのが、今はお決まりのよう。

 

みんな大きな袋を持って、めちゃめちゃ楽しそうでした・・・!

市販のお菓子が多いですが、詰め合わせにしてくれたり、手作りのものを用意してくれたり・・・

子供たちが来るのを待っていてくれる人も多く、嬉しくなります。

 

集合住宅を回るのが、簡単にたくさんのお菓子をゲットできるのですが、

家が密集しているあたりを一軒一軒回っていくのも、与論らしさを感じられて楽しいです。

 

ちょうど子供たちが回っている時間に、土砂降りが何度か。

神社では450年続く十五夜踊り。

その中で雨乞いの儀式があるので、雨が降るのも不思議ではありません。

不思議ではないと思えてくる与論マジック(笑)

 

子供たちを連れて回るのも楽しいし、お菓子を用意するのもわくわくします(*^^*)

小学生になると、お友達と一緒に回るようになるので、それまではもらう側も楽しみます!

(やすこ)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です